今年は春の訪れが早く、この宍道の丘も色とりどりの花が目を楽しませてくれるころとなりました。

今日の佳き日に、島根県高等学校定時制・通信制教育振興会会長 成相安信様をはじめ、多くのご来賓の皆さまにご臨席いただき、入学式を挙行できますことは、教職員一同にとって、誠に大きな喜びでございます。ご多用のなか、ご臨席を賜りましたご来賓の皆さまには、高段からではございますが、厚く御礼申し上げます。

本校では開校以来、宍道町をはじめ地域の皆さまに多大なご協力をいただき、さまざまな教育活動を行っております。コロナ禍ではありますが、方法等を工夫し地域との連携・協働を進めていきたいと思いますので、ぜひとも生徒の豊かな学びと成長に、お力添えいただきますようお願いいたします。

さて、先ほど入学を許可いたしました、通信制課程150名、定時制課程66名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。教職員一同、この日を心待ちにしていました。心より歓迎いたします。

本校は、定時制課程、通信制課程を併置した単位制高校として、開校12年目を迎えます。本校で学んでいる生徒は、十代が中心ですが、成人の方も多く、幅広い年齢層の人がともに学ぶ学校です。また、本校への志望理由もさまざまであり、卒業後の進路も多様です。このように多様なニーズに応えるため、一人ひとりを大切にした丁寧できめ細かな指導ができる学習環境や支援体制を整えているのが本校の特徴です。ですから、入学にあたり、不安や心配を抱えている人も多いと思いますが、どうぞ安心してください。本校の100名を超えるスタッフが、皆さんの学びや学校生活を支えていきます。

本校のもう1つの特徴は、自分で学ぶ科目を選ぶ仕組みになっていることです。入学した年は誰もが共通で学ぶ科目が多いのですが、来年度以降は、自分で選べる授業が増えてきます。自分のこれまでの学習状況、将来の目標、興味や関心などを考えて選んでいきます。この「自分で選び、決める」という経験の積み重ねが、卒業する時の自信や誇りにつながっていくと考えています。

定時制課程の皆さん、皆さんは自分で午前部・午後部・夜間部のいずれかを選択されました。全日制課程にはない、この学習時間選択制という特徴を生かし、日々の授業を大切にすると同時に、それ以外の時間に何をするかをしっかり考えてほしいと思います。部活動、生徒会活動、アルバイト、自分の趣味、ボランティア活動、いろいろありますが、自分の裁量で使える時間を有効に生かしてください。

通信制課程の皆さん、通信制での学びは自分で計画し実行していく自学自習が基本です。スクーリングへの出席とレポート作成を、計画的に一つ一つ積み上げていってほしいと思います。通信制のモットーは「あせらず やすまず あきらめず」です。粘り強く取り組んでください。

本校での学びを通して最終的に皆さんにつけてほしいのは「自分らしい生き方をデザイン」する力です。人とは違う自分のよさ、個性を自ら見つけ、その自分らしさを生かす生き方を自分で選び実現する力をつけていってほしいと考えています。

そのために、本校で出会うさまざまな人、例えば、クラスメイト、同じ授業や活動で顔を合わせる仲間、教職員、地域の方とつながってください。ゆっくりでもいいですので、心を開いて関係を築いてください。多様な人との出会いのなかで、相手のよさ、自分のよさを見つけ、相手も自分も大切にできる力が養われていくと思います。そして、さまざまな人とともに学び合うことで、自分自身が得るものも大きく深くなるのではないでしょうか。

本校の校歌1番2番では、「ともに学ばん この丘で」「ともに磨かん この丘で」と繰り返されます。3番では「我等は集う」です。この歌詞のとおり、宍道の丘に集った者がともに学び、磨き合うなかで、「できた」という喜び、「わかった」という楽しさ、「目標を達成した」という充実感を味わう経験を、数多く積み重ねることができるよう、教職員全員で支援してまいります。

最後になりましたが、保護者、ご家族の皆さま、お子様、ご家族のご入学、誠におめでとうございます。心よりお喜び申し上げます。今後、本校教育に皆さまのご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、式辞といたします。

令和3年4月18日

島根県立宍道高等学校長  村松 洋子